FC2ブログ
ボードゲーム・カードゲーム等非電源系ゲームプレイレポート。ゲーム洋書の紹介など。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink | スポンサー広告 | FC2ジャンル: | Page Top↑

ミスプレーっぽいのとかのを振り返ったまとめ。

KKでプリフロリレイズ→フロップAでmin-raise返されてフォルド

別にチェックレイズされるのはいいんですよ。問題なのが、「ブラフの可能性を含んだ形でのチェックレイズを許した」事。
この時点での相手チップ量はあしかを僅かに上回る程度の額だったので、フロップでのベット額がポットの5~6割に達していれば、相手のチェックレイズはオールインでしか返せなかった。つまるところ、「もしチェックレイズ返すならオールインで生きるか死ぬかの選択をさせる」事ができなかった点。もしオールインで返ってくれば相手視点ではこちらのAXヒットでも十分勝機があるという事…つまりはAヒット以上はほぼ確実。そんな状況下な訳だからKKは未練なくフォルドできたはずである。
実戦では小さい額のベットを打ってしまった為に、相手にブラフの可能性を含んだレイズ…俗に言う確認レイズを許してしまった。ベット額にハンドの弱さが透けてしまったのも今後の課題であろう。

ファイナルテーブル、AAでプリフロレイズオールイン

状況を整理してみる。

  • ファイナルテーブル突入直後で緊張感満点
  • レイズインではなくコールで入っている→様子見濃厚
  • 先のmin-raise→フォルドからポストフロップの技術はあしかの方が格下と見られている

これは相手を選んでレイズ額を決める場面。特に以前ぶつかってたこの相手ならスタンダードレイズでフロップへ向かった方が明らかに良かっただろう。上記3番目の理由からポストフロップ下手と見られていれば、スタンダードレイズなら一旦コールしてからフロップ戦でこちらをあしらおうとしてきたはずだ。AAはフロップでオーバーカードが落ちて価値だだ下がりという事がないというのも注目点。

BBでKQsコール、Jハイフロップで10000点チェックレイズ

10000点打ったらもう手元に2000点あるかないか程度しか残っていないのだから下手な小細工まがいの事をするよりも、どーんとオールインで良かったであろう。相手のベットが来てから小考したのもマイナス。フロップチェックする時に1手先の方針は考えておくべきであった。

以上次回までの修正点総括でした。

人気ブログランキングへ  align=FC2ブログランキング日々更新のランキングに参加しております。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

トラックバックは承認制となっております。
スパム対策の為、当記事への言及リンクの無いトラックバックは受け付けておりません。
トラックバックの際はお手数ですが元記事内に当記事へのリンクを用意して下さいますようお願いします。

この記事のトラックバックURL
http://asicablog.blog70.fc2.com/tb.php/1174-88910608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。