ボードゲーム・カードゲーム等非電源系ゲームプレイレポート。ゲーム洋書の紹介など。
おしらせ

asica timesは短縮URL(http://www3.to/asica)でも閲覧できます。(SmarTrans様提供)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink | スポンサー広告 | FC2ジャンル: | Page Top↑

ミスプレーっぽいのとかのを振り返ったまとめ。

[AJPC2013全日本ポーカー選手権大阪予選の話 その6 総括]の続きを読む
スポンサーサイト

フロップ Js 9s 5c POT18300
あしかチェックレイズオールインで相手はto call ALL-INの状況。

想定ハンドレンジはAT-AK、A9s・A8s、全てのポケットペア、KQ・KJsあたり。
あしかの持っているKQダイヤで現状負けているけど降ろせそうなハンドは、ノーヒットのAX、88以下のポケットペアと割と多い。またフロップのベット額からしてJヒットはおろか9ヒットすらなさそうで、AA-QQあたりの釣り目も僅か。薄いストレートドローもあり、相手ノーヒット濃厚な場面ではブラフを打つ価値は大いにある場面だろう。

さて長考中の相手。相当悩んでいる。手の動きがチップへ行ったりカードへ行ったりと落ち着きが無い。この時点で相手のノーヒットを確信。やがて手がカードへ行き「これは降りる」と思った。思いました!

が、非情にも手は再びチップの方へ…

コール…

うわああぁ!

[AJPC2013全日本ポーカー選手権大阪予選の話 その5]の続きを読む

ついにファイナルテーブル突入。2年連続。
あしかのチップ量は下から数えてラス目か2番目位か?

2ハンド目。KKでぶつかった兄ちゃんのリンプインが入っている状況。あしかオールインを被せる。後ろ全員降りて兄ちゃん長考。さかんにこっちを見てる。あしかチラ見で返す。チップに手が行ってたがやがてチップを離れカードの方へ行く。
ああこれは多分降りるな。

[AJPC2013全日本ポーカー選手権大阪予選の話 その4]の続きを読む

レベル6 SB250/BB500 持ちチップ1250点

瀕死のSBでハンドK3。前から3倍レイズ1500点あり。

降りた。

[AJPC2013全日本ポーカー選手権大阪予選の話 その3]の続きを読む

うおお、更新大幅に遅れてしまった。
肝心のAJPC本戦すら終わってしまってますが続きです。

[AJPC2013全日本ポーカー選手権大阪予選の話 その2]の続きを読む

さてさて久々の非電源なイベントで更新。

2013年度AJPC全日本ポーカー選手権大阪予選会へ行ってきました。会場は前年と同じ大阪商業大学。
今思えば関東に住んでた時の関東予選会場、セガ本社よりも近いなぁ。

持参カードガードは毎年恒例Mikuさん工房の干支置き物…巳年verにしようと思ったのですが、置いた際にカードを傷つけてしまう可能性があったので、今回は前年使用の辰で行くことにしました。

で、ほどなく開始時刻となったのですが、3トーナメント開催という割に人数の集まりが少ないような…。
どうも欠員が多数出たようであしかのブロックでは5テーブル×10人:勝ち残り5人が予選通過のところ、4テーブル×10人:勝ち残り4人予選通過と圧縮してのスタートとなりました。

[AJPC2013大阪予選の話 その1]の続きを読む

竜のツノが・・・ファイナルテーブルへ移動してカードガードを取り出すと、竜の角が片方欠けてしまう残念なアクシデントが発生
あしか的には縁起ものだけに暗雲が。Mikuさんすまぬ…

レベル8 SB600/BB1200/Ante100 ファイナルテーブル 持ち点7800点

テーブルをざっと見るにあしかのチップ量は最下位と思われ。右に3万位持ってる姉ちゃん。その右にあんちゃん、さらに右隣にAJXQKのボードででかいベットをカマしてきたブラフも辞さない(?)外人が陣取る。
テーブル移動の再着席はHJから再開。

ファイナルテーブル最初のハンドを降りた直後MP2でハンド22のポケットペア。右の姉ちゃん1人のみがコールで入っている状況。

迷う。7秒程中考。

[2012AJPC大阪予選の話その5]の続きを読む

レベル7 SB400/BB800

AJPC2012大阪大会:休憩時チップスタック休憩明け。
1周動けずそのままテーブルブレイク。残2卓。移動先のテーブルではEPから。

ブラインドはレイズに降りて、前全員フォールドのHJでJ8クラブ
SB,BBはブラインドを払って残4,5000点位だが堅そうな感じ。スチール敢行。2000にレイズイン。
SBまでは降りたがBBが小考しオールインプッシュ。5000点ほどのリレイズオールインでコールには3000点。負けると4000程度にダウンするがPOTに8200点も入っている以上降りる手はなくコール。ドミネートされてない事に期待。

[2012AJPC大阪予選の話その4]の続きを読む

ターンオールインをコールされた時に考えた予想ハンド。

本命:99 フロップトップセット  あしか勝率5%
あの自信から真っ先に考えたのがこれ。
高い位置からのプリフロ3ベットに対して中途半端なポケットペアでコールするのは一般的にイマイチなアクション。が、以前54でポット取った時に見せたATから察するに参加ハンド基準も甘めで、中途半端なハンドを捨てられないタイプと感じていた以上持っていてもおかしくないと見た。
対抗:AA どスロー  あしか勝率5%
ブラインド上昇が早いストラクチャーで持ちチップは両者既に30BB未満、もうすぐアンティも始まる意外と猶予の少ない状況下。レイザーの片方がKK,QQ(AK)あたりを持っていたら間違いなくオールインで突っ張ってきそうな場面だけに、一旦コールで受けてオールインを誘い、2人まとめて一気に叩きに行くのも悪くない選択ではある。
穴:QQ(JJ,TT) ハイポケットペア  あしか勝率95%
レイザーの2人がAKAQなどの非ペアハンド+1カード被りで競り合ってると読めば、これらの手はプリフロップで50%の勝率。コールしてフロップにオーバーカード(特にA)が出なければGO!なのだが、ハイポケットペアはフロップで上のカードが落ちた瞬間に価値がガタ落ちする。それゆえプリフロップ4ベットオールインでフロップを見せず戦うか、より上のオーバーペアを警戒してフォールドの2択になりそうではある。
大穴:AQs(AKs)のフラッシュドロー  あしか勝率75%
上とは逆にフロップAかキッカーヒットのトップペアトップキッカー、またはフラッシュドローが付けばGO!あるっちゃあありそうですが、KK2枚持ちな以上AKsは薄め+AJsはハイキッカー相手のドミネートが怖いからプリフロで降りている。このパターンはせいぜいAQsだけと思われます。というかフロップでリレイズオールインになりそう。

実戦はというと…

ターン 9c 7s 4c 4s POT11200
あしかオールイン、3ベッターコール。

[2012AJPC大阪予選の話その3]の続きを読む

気を取り直し次のハンドをと思うがここから手が全く入らない。
特に右5軒先の9番シートから頻繁にプリフロリレイズ3ベットが入り、非常にやりにくく参加もままならない。レイズ額はミニマムが多いのだが、フロップのコンテニュエーションベットなどを順調に決めショウダウンすることなくチップを増やしていく。
3ベッターの間隙を縫って1回スチールこそ決めたものの、この後厄介になりそうな予感が漂い始めた。

[2012AJPC大阪予選の話その2]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。